ヘルニア外来

//ヘルニア外来
ヘルニア外来 2018-10-02T09:37:45+00:00

ヘルニア外来

くるめ病院 外科外来では、そけいヘルニアなどのヘルニアを最新の手術手技を用いて治療するための「ヘルニア外来」を設置しています。
ソケイヘルニアとは、太股の付け根の筋肉の隙間から腹膜におおわれた腸が皮下に出てしまう「脱腸」と呼ばれる病気です。日本では現在、年間14~15万件のヘルニア手術が行われています。また、この病気はそけい部が弱くなると高齢の方が発症しやすい病気で、高齢化の日本社会では今後ますます増加が予想される病気でもあります。

受診方法

診療時間:月〜土 午前中(8:45〜11:30)

月曜日から土曜日まで毎日行っております。
午後からの診察を希望される方は、ご予約をお願いいたします。
なお、土曜日の午後は、診察を行っておりません。

ご来院の際は受付にて「ヘルニア外来希望」とお伝えください。

ご予約(平日 14:30-17:00)

0942-43-5757

メール

ご予約は、お電話のみとなっております。
※お問い合わせフォームからいただきましたメールは、ご返信にお時間をいただく場合もございますので予めご了承ください。お急ぎの場合は、お電話からお問い合わせください。

ヘルニア(脱腸)について