【外来の紹介】
問診から診察の補助をとおし患者さんのニーズを把握し、医師から患者さんへの説明時も同席し、施設間・地域・院内などの調整的な役割も担っています。
患者さん主体の医療の提供に向けて、他の専門職種と協働したチーム医療を目指しています
 
 
 専門外来と一般外来の機能分化
 
 内視鏡検査・治療の介助(内視鏡技師による指導)
 
外来受診の主な疾患
 大腸疾患    大腸ポリープ・大腸腫瘍・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)直腸炎・腸炎・過敏性腸症候群 など
 肛門疾患    痔核・痔瘻・裂肛・直腸脱・肛門狭窄・括約不全など
 その他    胃、十二指腸潰瘍・ヘルニア・排泄障害 など