肛門科 診療実績

くるめ病院 肛門科で最も多いのは、内痔核です。次いで、痔瘻となっております。
内痔核は、軽度であれば手術を行わず、注射療法で治療することができます。
痔瘻は複雑な手術も行っております。全般的に、手術を行う治療が上位を占めております。

肛門科 診療数

男性:4,375人
女性:5,432人
合計:9,807人
(2019年度:2019年4月1日~2020年3月31日)

疾患別 新患患者数

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
痔核 1,789 2,072 1,590 1,890 1,941
痔瘻 185 276 263 234 222
裂肛 332 437 334 400 398
直腸脱・直腸粘膜脱 108 163 114 126 149
その他 426 323 174 352 371

疾患別 治療実績

それぞれのグラフの凡例をクリックすると、特定項目のみ表示させるなどの「動的表示」が行えます。
また、それぞれの棒グラフへマウスオーバーすると、そのデータの詳細が「ふきだし」で表示されます。

疾患別 治療実績

それぞれのグラフの凡例をタップすると、特定項目のみ表示させるなどの「動的表示」が行えます。
また、それぞれの棒グラフへタップすると、そのデータの詳細が「ふきだし」で表示されます。
※表が見づらい場合は、スマートフォンを横持ちにしてご覧ください。

病院実績

くるめ病院の医療実績を年度別でご紹介しています。

病院指標

当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆様に情報公開を進めています。