日帰り入院手術(短期入院手術)

//日帰り入院手術(短期入院手術)
日帰り入院手術(短期入院手術) 2018-02-28T10:13:24+00:00


概要

くるめ病院では、痔の症状でお困りの方に対して、午前中に手術を行い、当日の午後の帰宅できる日帰り手術を行っています。手術中の痛みを伴わないように十分麻酔をかけて行い、身体への負担が少ないのが特徴です。休みが取れない多忙なビジネスマンやOL、自営業の方だけでなく、小さなお子様を抱えた主婦や高齢の方などにご利用いただいています。

メリット

  1. 日常生活の延長線上で手術ができます
  2. 費用が安くすみます
  3. 身体への負担が軽くすみます

適応基準

  • 日帰り入院手術、短期入院手術の適応疾患であること
  • 患者さんが日帰り入院手術、短期入院手術を理解し、希望していること
  • 手術後の合併症が最小限であると予測されること

適応疾患

  • 内痔核の軽度~中等度
  • 単純で、浅い痔瘻
  • スキンタグ(肛門周囲の皮膚のたるみ)
  • 裂肛(肛門狭窄)

※痔の種類によっては日帰り手術ができない場合がありますので、
手術をご希望の方は一度ご来院の上、診察をお受けください。 

手術の種類

  1. お仕事や、家事、お子様のお世話などに支障がないように、ご都合の良い日にあわせて手術をお受けになれます。
    午前9:00より手術が可能です。(火・土・日祭日を除く)
  2. 午前中に手術をうけ、病棟で安静にします。午後、担当医の診察をうけ、退院します。

※診察の結果、術後の状態によっては、翌日退院となる場合もあります。

●外来手術

外来処置室で手術をうけ、外来で安静にし、数時間後に帰宅できます。

●日帰り入院手術

手術室で手術をうけた後、入院安静し、経過を診ます。当日の夕方退院します。

●1泊入院手術

手術室で手術をうけた後、入院安静し、翌日退院します。

日帰り手術の流れ

【手術前の事前診察】

【手術当日】

【手術翌日以降〜】