診察について

//診察について
診察について 2019-01-25T10:03:10+00:00

くるめ病院では、患者様がどう困っていらっしゃるのか、何を問題とされているのかを知ることを大切にし、肛門の診察にあたっています。

診療受付時間

診療受付時間や初診、再診時にお持ちいただきたい物などは、受診案内からご覧ください。

診察の流れ

問診

どんな症状があるか、今までどんな病気をしたか、排便の様子、普段の生活習慣について、また、家族に痔の人がいるかなどの情報をお聞きします。口に出しづらいことでも、最初に問診表にご記入いただくことで、医師に伝えられます。

問診票は、「受診案内」からダウンロードできますので、ご自宅などで事前にゆっくりご記入いただけます。

診察時の服装

服を全部脱いだり、脚を大きく開くことはありません。ほとんどの場合は、横向きに寝ていただき、 下着を少しずらす程度で診察を受けます。 タオルをおかけしますので恥ずかしさはありません。場合によっては、患部の診察のしやすさや治療上の必要性から、違う姿勢をとっていただくこともあります。
受診の際、ご要望にできるかぎりお応えしますのでご安心ください。

診察の種類

検査


検査が必要な場合は、診察の前後に検査を行います。

治療方針のご説明


痔の種類や程度などを熟慮した上で、今後の治療方針について説明します。
疑問や不安などがあればご質問いただき、ご納得いただくまでご回答します。また、生活スタイルは、患者様それぞれですので、ご要望もお聞きしながら、診療方針を定めていきます。